会社の設立にかかるお金について知っておこう!

>

会社を設立したい!

自力で設立するときの費用は?

書類や手続きが面倒ではありますが、自力で会社を設立することはできます。
例として、株式会社の場合を考えてみます。
株式会社は、決算報告が義務であるのと、役員の人気が決まっていることが特徴です。

主な費用をご紹介していきましょう。
設立の際、公証人役場にて定款認証を行う必要がありますが、その定款の印刷代に4万円、手数料が5万円です。

会社の登記事項証明書と謄本を交付するためには手数料がかかります。
1通あたりが250円ほどで、約2000円かかります。

会社を設立すると、その会社の登録について登録免許税という税金が課せられます。
株式会社の場合は申請件数1件につき資本金額の0.7%となります。

これらが全てかかることを念頭に会社の設立を考える必要があります。

税理士に依頼する方がお得?

会社の設立の手続きは、実は税理士が行うこともできます。
先ほど挙げたものも含めた費用を見てみましょう。

まず、定款印紙代ですが、税理士のほとんどがデータで定款の認証手続きを行えるため、印紙代が0円で済みます。
定款認証手数料、謄本交付手数料、登録免許税に関しては個人で設立する場合とほぼ同じと考えて大丈夫です。

追加でかかる費用として、税理士に支払う手数料が0~5万円ほどかかります。
会社設立登記をする必要がありますが、これは司法書士だけが行える手続きのため、さらに司法書士手数料がかかることもあります。

他にも、事業計画書の作成や資金調達を支援してくれたり、決算申告などを行ってくれたりします。
設立後、税務顧問の契約を締結することで設立手続き関連の費用を大幅に安くしてくれることもあるので、結果的に個人で会社設立を行うよりもずっと費用を安くすることができます。


この記事をシェアする